NE01

榎本翔太:Nyckelharpa

野間友貴:Fiddle, Hardingfele, 5string viola

スウェーデンの伝統楽器ニッケルハルパとノルウェーの伝統音楽ハーディングフェーレによるデュオ。
共鳴し合う多数の弦と緻密なアンサンブルで、古くから伝わる旋律とダンスのリズムの美しさを引き出し、情景を描き出す。
2006年、2人は共にドレクスキップのメンバーとしてキャリアをスタート。2013年から活動開始、1枚のアルバムを発表。2015〜16年には両名共にスウェーデンへ渡り、伝統音楽への造形を深めた。


榎本翔太

1985年 愛知県にて生まれ、6歳からクラシックバイオリンを始める。 8歳からの6年間をスコットランドで過ごし、クラシック音楽を続けながらスコットランド の伝統音楽に触れる。これが伝統音楽(フォークミュージック)との出会いとなり、現在 の活動へのきっかけとなる。スコットランド時代にABRSM監修のグレード8をdistinction で修了。
帰国後はクラシック音楽を続けるが、同志社大学入学後はジャズを主体とする軽 音楽部にてジャズバイオリンに触れる。20歳で北欧音楽バンドDrakskipに加入し、再びフ ォークミュージックの演奏を再開し、北欧の音楽にのめり込む。バンド加入と共にニッケ ルハルパの存在を知り、23歳から演奏を始める。独学でニッケルハルパを演奏してきたが 2015年から1年間、本場スウェーデン、Eric Sahlstrom Insutituteにて演奏を学ぶ。
noh
YSduo
web_NE04